競艇ソフトに必要なパソコン性能

プログラミング

競艇予想プログラミングに関する記事を「投稿まとめ」で一覧にしてます。この記事は「自動投票」の一覧に含まれてます。一覧の順に読むとステップごとで分かりやすいです。

競艇ソフトに必要なパソコン性能

「PC-KYOTEI Database」などの競艇ソフトのために、新しくパソコンを買おうかなと考えている方は、以下の選び方を参考にしてください。

この記事で紹介する条件を満たす中古パソコンが、メルカリなどで2万円以下で販売されているので、ぜひチェックしてみてください。

OS

「PC-KYOTEI Database」を使うには、Windowsパソコンが必須です。MacでWindowsを動かす方法もありますが、目的のソフトが完全に動作する保証はありません。なので、絶対にWindowsパソコンを買ってください。

Windows 10や11などの「バージョン」は、最新版が理想的です。PC-KYOTEIのオンラインマニュアルに「動作環境」が記載されているので、それを必ず確認してからパソコンを買ってください。

中古パソコンを買う場合は、特に注意が必要です。

メモリ容量

競艇ソフトを快適に利用するために重要なパソコン性能は、「メモリ容量」と「ストレージ容量」です。メモリ容量は最低でも8GB、できれば16GB以上のパソコンを選んでください。

メモリ容量が多いほど、ソフトの動作がスムーズになり、複数のプログラムを同時に使ってもパフォーマンスが低下しにくくなります。また、データの処理速度が向上するため、快適に利用できます。

ストレージ容量

ストレージとはデータを保存する部品で、ここではパソコン内蔵のHDDまたはSSDを指します。

ストレージ容量は256GB以上を推奨しますが、競艇ソフト以外に利用したり、オリジナルの集計データを保存することも考えると、もう少し余裕があると良いでしょう。理想は512GB以上です。

また、「PC-KYOTEI Database」のようにデータの書き込みと読み込みが頻繁に発生するデータベースソフトには、外付けストレージの使用は避けてください。私も複数の製品でファイルの破損を何度も経験しています。

CPU

CPUのスペックは特にこだわる必要はありません。高性能CPUは動画編集や高解像度で動きまくるゲームに必要です。メモリ容量に注目してパソコンを選べば、それに見合ったCPU性能も自動的に付いてきます。

競艇ソフトで使うパソコンの選び方

予算に余裕があれば、大容量のSSD搭載のパソコンを選びましょう。現在、ほとんどのパソコンはSSDを搭載しています。

次に重視すべきはメモリ容量です。それ以外では、持ち運びやすくて場所を取らないノートPCが個人的にオススメです。昔と比べて、今のノートPCはデスクトップと性能に差がほとんどありません。デスクトップPCは、ゲーミングPCや自作PCを目的としない限り必要ありません。

メーカーはどこでも良いです。ノートPCやデスクトップPCのデザインや価格など、好みに合ったものを選ぶと良いでしょう。

「投稿まとめ」にもどる